FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もともとは、お酒も飲むし、紅茶大好き。
旦那様が好きだから珈琲も飲む。
でも、煙草は夫婦とも嫌い。

そんな状態でした。

でも、妊娠するかも???の時期はお酒だけはセーブしていたんです。
そして実際に、妊娠が分かってからは、ビールも飲みたいって思わなくなった。特に夏場でビールのCMが増えてるような気がするんだけれども、そんなに気にならなくなった。
どっちかワカンナイ、の時の方が飲めないイライラがあったなぁ。
今年漬けた梅酒も、1年以上飲めないかな。それはそれでおいしくなるかな。なんて思える余裕もあるし、旦那だけが飲んでも不愉快ではない。


紅茶も、本当の当初は妊娠が分かってからも、産婦人科の先生に「日に3杯程度なら」って聞いていて、飲んでいた。
でも好みが変わったのか、飲みたくなくなった。


逆に、葉酸の為ってオレンジジュースを飲んだり、牛乳を飲んだり。そういう楽しみができた。

こんな変化ってあるんだなぁ……って自分でも吃驚なのです。




スポンサーサイト
2007.07.30 働いてみる。
7月28~29日
結婚して引っ越して以来、数回だけ単発のアルバイトをしていたのです。
それは、選挙事務のアルバイト。
まさか妊娠するとは思ってもいなかった頃に、派遣先にバイト希望を出していたので、断ろうかどうしようか悩みつつも、働いてみた。
事務仕事に不安はないのだけれど、会場設営もお仕事のひとつ。
借りる会場を選挙仕様に変えて、終わったら戻す。会場によっては少し力仕事になるのです。
でも、よくよく考えてみるに、以前は介護の職場で事務員だったのですが、介護職員さんは産むギリギリまで介護をしていたのですけれど、それによって流産っていうのも過去5年ではなかったなぁ……なんて思って、結局働いてみた。

結果、多少椅子が信じられないくらい重かったり、重いものを持つこともあったんだけれど、それ以上にいい気分転換になりました。
投票時間中は、絶え間なく投票に来られていたので適度に忙しかったし。
(ベビちゃん、冷房寒いけどちょっと我慢してね)
なんて思いながら、おなかをさすったりして。

それにいつもよりもご飯も食べられたし、夜も熟睡できたし。

安定期に入ったら、散歩コースを開拓するか、プールに通ってみようかなぁ……って少し前向きな気持ちになりましたハート
07年7月27日
出血も大人しくしていたから止まったので、切迫流産の薬もストップしたので、一安心。
ついに、産婦人科で週数と予定日を教えて貰った!
現在8週4日なのだそうだ。
超音波でみると細かい日までわかるんだなぁ……と感心。
予定日は……実家の母の誕生日に誤差6日で、干支が実家の父と同じになりそう……。なぁんにも狙ってなかったんだけど、偶然だけどスゴイ。
超音波写真も、大きさが先週の倍になっていた。頭と足の方向もわかるのです。あれだけぐったりしていた間に、順調に成長してくれていたんだなーと思うと嬉しい。

070727


そして、ついに母子手帳を貰ってください、とのお言葉が……。
なんだかドキドキです。
でもやっとベビちゃんがいるぞーっていうのが公認された気分。
市役所であっという間に書類一式をいただいて「おめでとうございます」と言われる。
帰ってから一気に資料を読む……のだけど、なんだか重要なことがたくさんでどれがドコに書いてあったっけ……と少し混乱。
そうそう、父子手帳もあったのです。
帰ってきた旦那に進呈したら、なんだか興味深そうに読んでました。
(本人曰く、目を三倍に見開いてみてる、のだって・笑)
父になるのも、母になるのも、これからだものね。

実家帰省日が、ちょうど産みたい病院の申込みの目安とされている週数に重なりそうなので、嬉しい。
上手くいけば、実家の母と旦那とあたしとベビちゃんとで申込みに行けるかな。もっとも、まだ母には話していないので、希望的観測なのですが……。

うちの旦那さんは、自分がかまって欲しいひと(笑)。
なので、少し拗ねています。

体調がおかしくて、
今までやっていた家事が少し疎かになったりとか、
呼ばれてすぐに動けなかったりとか、
自宅安静でお出かけできないとか、
そういうのが急にやってきたので戸惑っている感じがします。

ふたりきりの生活なので、
あたしができなければ旦那様にお願いしなきゃいけない。
でも、もともと「自分が働くから、家にいて家のことをして欲しい」って思っている旦那さんには、まだ全然おなかも目立たないし、写真だけ見ても実感っていうものがうまく湧かないのだと思う。
動いたりするようにならないと、実感できるものがないんだろうな。

それでも、何かあったっていうと心配してくれるし、
お買い物をお願いしたら行ってきてくれるし。
働いていて、お疲れ様。
それに+αをお願いするのも酷だよねって思うのも事実。
だけど気楽に帰れる距離に実家がないので、
どうにかしてふたりでやっていかないといけない。

「ありがとう」っていう気持ちを忘れずに、
ふたりでうまく暮らしていく方法を模索していかなきゃ……。


07年7月22日
昨日よりは睡眠過多が軽減される。
でも、眠い。
お薬の所為じゃないのだったら、きっと二人分眠っているのだ。
旦那に「はじめてでも安心! 妊娠・出産」の本を買ってもらう。意外と旦那も興味深そうに読んでいたのが嬉しい。
でも眠気だけは減らないなぁ~



07年7月21日
今日のわたしは、睡眠大王。
ご飯を食べては眠る。
食べ終わって苦しくなって、気付いたら寝ている。
一日の半分以上眠って旦那に呆れられる。
動かなくて本当にいいのか、と心配までされる始末。
今日は旦那にお買い物を頼んで、夕飯も作ってもらった。



07年7月20日
3度目の受診。
切迫流産の診断が下される……。
おりものに血が混じっているのが続いていたのを伝えたら、そう診断されて、お薬を処方された。
ダクチランというお薬。ネットで効果を調べるも、眠気が増すなんて書いていないのに、お薬を飲むと、眠くなるのが倍増する。。。
更に、自宅で安静にするように言われ、お買い物も禁止になる。
最後の悪あがき(?)でスーパーに寄って最低限のものを購入して帰る。
070720




07年7月18日
この日、初めて旦那がわたしのおなかに手を当てて、触ってくれた。勿論、まだからだのカタチになっているわけじゃないんだけれど、「ここにいる」っていうのを認めてくれたような気がして嬉しい。
2人で過ごしているんだけど、3人でいるんだなぁ、ってしみじみと思ったはーと3つ



07年7月13日
2度目の受診。
胎芽が、前回より大きくなっている!
嬉しいコトです。
母子手帳は、三ヶ月くらいになったら貰えるのだそうだ。
ネットで調べてみるに、流産になる率は10~15%の確率だとか。
週数が早いうちは、染色体異常などの避けられない流産なのだそうだ。
だとすると、親への報告はもう少し先にしようか、と旦那と相談する。互いの両親にとってはどちらも初孫だし、下手に期待させちゃって実は……っていうのも悲しいし。お盆の帰省時でいいかなぁ、という話になる。
更に、里帰り出産したい!っていう目論みがあって、およそ10週目を目途に予約してください、という一文があったので、お盆にそこの産院が開いていればベストだなぁ~と思う。
そうそう。
乳房が増えてきた! 鏡で見てちょっと吃驚する。もっと後のことかと思っていた。普段さほど大きくないので、旦那が増量を喜ぶ。
070713




07年7月11~12日
体調不良気味。
激しい頭痛で起き上がるのも辛い。
ご飯も作れなくて、旦那さんにお願いしちゃいました。
仕事もあるのに申し訳ないなぁって思いながらも、ほとんどご飯も食べられず……。
嘔吐感が堪えられず、12日に吐くと、スッキリ。
一体何だったんだろう……。
後で、産婦人科の先生にお伺いすると、単発だったら夏風邪かもしれない、と言われる。



07年7月6日
ここ数日、起き上がるのも辛いくらい、眠くて仕方がない。
生理が遅れているので、生理前かなぁ、と思いながらも、妊娠検査キットを買いに出かける。過去何度かキットにはお世話になったが、大体はキットに反応は出なくて、翌日に生理が来ていた。
でも、この日は違った。
尿をかけると速攻、ラインが出た。
出る時ってこんなに早く出るものなのか~と半ば感心した。

わたしは動くのに時間がかかるので、こういう時は勢いだ、とばかりにそのまま産婦人科を受診する。でも、眠気でぼんやりした頭で荷物を用意したので、健康保険証を忘れて取りに帰ったので診察時間が終了ぎりぎりになってしまった焦る3
たまたま少し前にココで子宮頸がん検診を受けていたので、最終生理日などは手帳にばっちり書いていた。基礎体温はつけておくものだなぁ、としみじみ思う。
病院でも尿検査を受け、内診と、超音波検査を受ける。

妊娠が確定heart02


なんだか嬉しいけど吃驚もして、質問を聞かれたけど何を聞いていいのか思い浮かばず、超音波写真をいただいて帰りました。
因みに診察代は8000円。保険がきかないとはいえ、毎回こんなにだったら大変だなーと思った。


旦那に報告した時に、あんまり驚かなかったのが残念。
生理の遅れ方とかでそうかも、って思っていたみたい。
飛行機に優先搭乗できる~なんていう喜び方はしていたけれど(苦笑)


おなかにもうひとつ命が宿っているんだ、と思うと不思議な気分になります。これからよろしくね、赤ちゃんハート




2007.07.23 はじめまして
結婚して数ヶ月。
そろそろ赤ちゃんが欲しい、って思った矢先、妊娠が発覚。

初めての赤ちゃんで、互いの両親とも離れて暮らすので嬉しい反面、不安も一杯あります。
試行錯誤していく日々を綴っていこうと思っています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。