上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.05.20 誤飲騒動
お医者様って、ひとによって意見が違うよね。
でも、それを判断するだけの医学的な知識は、持ち合わせてないから困るよね……というお話。


今朝、いつものごとく、あきに起こされ→授乳→あきを寝ている旦那に託して家事→……みたいな感じで寝室をあとにしてたの。
お湯をわかしている間に、洗濯機の1回目(オムツ)をまわして、ベランダにバスマット干して、さあ次は旦那のお弁当だ!と思った瞬間、旦那の声が。

「くすり食べてる!」

え?!くすり????

大慌てで寝室に戻ると、衣装ケース3つを重ねた上に置いていた、わたしの副鼻腔炎の点鼻薬をにぎりしめているあき。
旦那によると、目覚めたら、ふたを外して口に含んでいたらしく。
手が届くようになってしまったのね……orz
で、問題の薬。
ぎゅっと押して噴霧するんだけど、押してたかどうか、旦那はわからないという。
わたしも貰ったきり、まだ鼻血で困ってないので使ってなくて、もとの量がわからない。
本人、いたって元気。
おっぱいほしそうなのもいつもどおり。
……困った。

医学書の誤飲欄にはさすがに薬は載ってないし。
中毒情報の電話をかけようとしたんだけど、うちの固定電話はQ2はかけられない。
タウンページもない。
市民便利長の救急欄をみたら……ネットに当番が出ている、と。
遅いPCを立ち上げて、なんとかつないで……。

当番の小児科の医院に電話。
すごく丁寧に説明してくれたんだけど、大人で数滴使うものだし、吐かせられれば吐かせて欲しいし、胃の洗浄が必要かも……と言われ、いろいろやり取りの結果、近くの市民病院も当番だから、個人の医院よりも何かの時の対応もしてもらえるだろうから連絡してみて、駄目だったら連絡ください、と。

なので、市民病院に電話。
すごくのんびりした感じの看護師さんが応対。で、状況説明して、医師に確認してから折り返し電話がくることに。

待っている間に最初の医院から電話。
もし市民病院断られたら救急車を呼ぶように言われる。

少しして、市民病院から電話。
薬も調べてみたが、子どもが元気なら様子を見てください、と。
どのみちもう7時になるのでうちでは診られません、と。
えーっと、当直の先生が帰りたいだけ、とか言いませんよね?と疑念。
最初の医院で言われたことを伝えるが、救急車呼んでもうちでは診られませんよ、と言われる。でもそういうことが言いたかったわけではないんだけど。
とりあえず、普段と様子が変わらないならば、水分だけ摂って、かかりつけ医に診てもらうように、と言われる。


この時点で、ちょっと疲れる。
旦那は仕事に行き、わたしはあきのおっぱい欲しそうなのを誤魔化しながら家事をして、あさいちでかかりつけの小児科へ。
15分前に行ったらさすがに一番のり。

ここの先生の説明が一番納得できた。
結論としては、問題ない。
点鼻薬自体は、欠陥収縮剤で、もちろん子どもが飲んではいけないけれど、味的においしいものではないのでもし飲んでいても舐めた程度だろう。
様子が普段と変わらないのであれば、食事も通常通りにして、もし飲んでいたならば、早く体外に出すことが大事。


なんかねぇ……穏やかな先生だし、安心させてもらえたことが一番嬉しかったです……。


で、加えて今日は、弟と祖母が実家からくる予定だったし、旦那の実家にお願いしていた子供用マスクと手指消毒液が宅急便で来る予定だし……なんだか慌しい。



結局、いつもどおりのいたずら坊主なあき。
なにごともなかったかのように弟(つまり叔父)と、祖母(つまり曾祖母)に遊んでもらって、現在、電池切れで爆睡中。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://champagne0211.blog114.fc2.com/tb.php/212-8d46ed38
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。